アフィリエイト広告を利用しています

【ゾン100】ラムダ・チョップはアキラ達の羊の執事ロボット?

2023年10月26日

こんにちは!

「ゾン100」の

ラムダ・チョップ

について知りたい人は

この記事を読んでみてください!

  1. 元は江戸川勝一郎博士のホテルの、羊の執事ロボット?
  2. 江戸川博士の命令で、シズカとベアトリクスを拉致!
  3. アキラ達の執事ロボットになる?

の3点で簡単に説明しています!

アキラ達の執事として、

メインキャラの1人になるラムダ!

そこまでの経緯は?

元は江戸川勝一郎博士のホテルの羊の執事ロボット?

ラムダ・チョップは、

7巻に出てくる、

リゾートホテルAI(アイ)

執事(バトラー)。

羊の姿をしたロボット。

「執事」と
「羊」

かかってるんだよね!

ちなみにリゾートホテルAIは、

リゾートホテルAIは

江戸川勝一郎博士が

研究の成果の公表の場として

AIとロボットの最先端の技術研究に期待を寄せる

多くの大企業の出資を募って

試験的に運営された施設

7巻56ページ、ラムダのセリフ

とのことです。

研究の発表の
場として
巨大なリゾートホテルを
建てるって、
たくさんお金を持ってる
研究者なんだね!

とにかく、

ラムダ・チョップは

江戸川勝一郎がオーナーの

リゾートホテル、

AIで働く羊の姿をした執事ロボット!

江戸川勝一郎の命令でシズカとベアトリクスを捕まえる!

そしてラムダは

リゾートホテルAIで

アキラ・ケンチョ・シズカ・ベアトリクスの

4人をもてなした後、

江戸川勝一郎博士の助手だった

西園寺瑠衣(さいおんじ・るい)の脳を

シズカ・ベアトリクスに移植するため

2人を捕まえる。

拉致だ!
死んだ人間の脳を
生きた人間に?
怖すぎ!

ラムダは江戸川勝一郎博士の命令に従っていたが、

「博士やお客様の生命に

危険が生じる緊急事態が発生すれば

ホテルからの避難を

優先させることができます。」

と言い、

アキラとケンチョが

ゾンビの集団を

ホテル内に入れたため、

ラムダはアキラ達4人をホテルから脱出させ、

自分もホテルAIを離れた。

やはり
執事ロボットである
ラムダの
おもてなしの心からくる
罪悪感

4人を助けることに
繋がったのかな?

とにかく、

ラムダは江戸川勝一郎博士の命令で

シズカとベアトリクスを拉致しました。

しかしアキラ達が

ゾンビをホテルAIに入れ、

緊急事態と判断したため、

4人をホテルAiから脱出させました!

アキラ達の執事ロボットになる?

ホテルAIから
脱出した後、
ラムダは
どうしたのかな?

その後の旅で、

アキラ達の身の回りの世話

していますね。

執事付きの旅!
豪華だ!

ラムダは、

アキラ達に迷惑をかけてしまった事を詫び、

ホテルAIの復興にも時間がかかるため、

アキラ達の身の回りの世話をすることに

したんですね。

一応、

休職中という扱いの様です。

ホテルAIが
復興したら、
ラムダは
北海道に
戻るのかな?
誰かが
修理してるの?
それも
分からないけど!

とにかく、

ホテルAIから脱出した後、

ラムダはアキラ達の旅に同行し、

身の回りの世話をしています!

100冊まで適用可能なクーポン Amebaマンガ

ゾン100のラムダ・チョップまとめ

  1. 江戸川勝一郎博士がオーナーのリゾートホテル、AI(アイ)で働く羊の姿をした執事型ロボット!
  2. 江戸川博士の命令でシズカとベアトリクスを拉致!しかしアキラ達がゾンビをホテルAIに入れ、緊急事態と判断したため、4人をホテルAIから脱出させた。
  3. ホテルAIから脱出した後、ラムダはアキラ達の旅に同行し、身の回りの世話をしている!

ところで、

ラムダが出てきた後の

漫画の続きは読みました?

電子書籍なら安く読めるんですが、

サラッと教えておきますね!

  • 全巻30%OFF
  • 3冊まで90%OFF

という安さで読めますよ!

オススメのサイトなど、

詳しくは上の記事

読んでみてください!

ところで、

「ゾン100」のアニメ

もう見ました?

アニメの方も

面白いんですよ!

そんな「ゾン100」のアニメを

かなり安く見れる動画配信サイト

あります!

DMM TVなら、

月額550円

「ゾン100」のアニメを見れますよ!

安い!
NETFLIXとかより
安い!

詳しい事は

上のバナーをクリック!

以上です!

Twitterのフォロー
よろしくお願いします!

それでは今日はこの辺で失礼します!

さようなら〜!!

最後まで読んでいただいて、

ありがとうございます!

※スパムコメントしか来ないため、

コメント欄は閉鎖しました。